快適なアクセスに向けて、当サイトのAMP対応を行っております。一部表示が崩れている可能性がございます。ご了承くださいませ。

リッチメニューを新規作成する

【新公式】リッチメニュー

管理画面からリッチメニュー用の画像をアップロードして設定を行います。

 

■アカウント管理画面内左側メニュー「リッチメニューを選択し、「作成」をクリックし、新規作成画面に遷移します。

「リッチメニュー」をクリック。

 

・右上の「作成」をクリック

 

■新規作成ページが開きますので、項目ごとに設定していきます。

①管理用のタイトル設定欄です。(ユーザーには表示されません)

②リッチメニューをユーザーの端末に表示する設定ができます。ステータスをオンにする場合は、表示期間を設定してください。

※ユーザーに表示できるリッチメニューはひとつだけです。期間が重複していると「反映する」の設定はできません。

※サーバー処理の問題上、ユーザー側に表示されるまでには時間がかかります。

※かかる時間は混雑状況やアカウントの友だち人数によって異なります。

③メニューバーに表示される文言の設定欄です。

④ユーザーがトークルームに入室した際、自動でリッチメニューが表示される設定です。

 

■コンテンツを設定します。

テンプレートを選択するとテンプレートに応じた数のアクションが設定できます。

設定完了後、「保存」をクリックします。

 

①テンプレートを選択します。

②リッチメニューの画像の設定を行います。

【ファイル形式】:JPG、JPEG、PNG
【ファイルサイズ】:1MB以下
【画像サイズ】

「大」2500px × 1686px、1200px × 810px、800px × 540px

「小」2500px × 843px、1200px × 405px、800px × 270px

※デザインデータ上で分かれ目のデザインを作成する仕様です。(アップする画像は1つです)

※画像のピクセル数は上記に完全に一致していないとエラーになります。

 

③テンプレートの対応箇所にアクションを設定します。

「クーポン」「テキスト」「URL」「設定しない」「ショップカード」を選択することができます。

【クーポン】

タイプ「クーポン」→「選択」をクリック

作成済みのクーポンが表示されますので、クーポンを選択して設定。

・アクションラベル

このテキストは音声読み上げ機能に使用され、未対応の端末では表示されます。

※入力必須となります。

【テキスト】

テキスト入力欄に、文字を入力します。リッチメニューのボタンをタップしたときに指定されたテキストが表示されます。

「応答メッセージ」にテキストを登録しておくことで、任意のコンテンツを表示させることも可能です。

 

【URL】

任意のURLを設定できます。ユーザーがクリックした際には、LINEアプリ内でインターネットブラウザが開きます。

 

※携帯電話にユーザーがメインで設定しているインターネットブラウザで開いてもらう場合は、

パラメータをURLに追加してメインで使用しているブラウザで開くように記載してください。

(パラメーター ?openexternalbrowser=1)

例 http://www.urban-project.jp/?openexternalbrowser=1

 

※ほかにパラメータが設定されている場合は、?を&に変更

例 https://www.urban-project.jp/?utm_campaign=bbb&openexternalbrowser=1

 

※会員制のサイトや、主要ブラウザ以外でエラーになる設定を行っているサイトの場合は上記をお試しください。

 

・アクションラベル

このテキストは音声読み上げ機能に使用され、未対応の端末では表示されます。

※入力必須となります。

 

【設定しない】

文字通りタップ領域を設定しません。画像として見せる場合に使用します。

【ショップカード】

設定済みのショップカードが開くようにできます。初めてショップカードをアクセスするユーザーは新たにショップカードを作成します。以後はコチラの領域で設定したショップカードからポイント確認ができるようになります。

※ショップカードの設定が完了していない場合はエラーとなります。

 

 

※アクションラベルは最大20文字まで入力可能です。設定の説明や概要を入れてください。
※すべてを「アクションなし」にすることはできません。
※ユーザーの連打を誘発するような内容は、弊社サーバーに支障が出る可能性がありますのでお控えください。
※リッチメニューの反映には時間を要する場合がございます。