分析機能「クーポンの開封カウント」の仕様変更 | LINE公式アカウント アーバンプロジェクト ご案内サイト
快適なアクセスに向けて、当サイトのAMP対応を行っております。一部表示が崩れている可能性がございます。ご了承くださいませ。

分析機能「クーポンの開封カウント」の仕様変更

お知らせ

公式のお知らせ

 

【お知らせ】「分析」の仕様変更について
2021/01/28 11:59
いつもLINE公式アカウントをご利用いただき誠にありがとうございます。
「分析」に関して下記の仕様変更を行いましたのでお知らせいたします。

【変更内容】
一部のクーポンの開封経路において、少数のクーポンの利用でも分析結果に数値が表示されるようになりました。

■変更前
全てのクーポンの開封経路において、分析結果が19以下の場合は、数値を表示しない

■変更後
以下のクーポンの開封経路において、分析結果が19以下の場合でも数値を表示する
・タイムライン
・応答メッセージ
・リッチメニュー
・LINE Beacon
・不明

※不明の経路は以下の場合などを含みます(全体公開しているクーポンのみ)
-クーポンシェア設定から発行したパラメータなしURL
-LINE公式アカウント一覧
-ユーザー間の共有

設定方法につきましては以下をご確認ください。
https://www.linebiz.com/jp/manual/

引用:https://manager.line.biz/announce/20156908?country=JP

 

内容について(どうかわったのか)

今までは20人以上のユーザーが開封していない場合「~19」で表示されていましたが、少数でもカウントが表示されるように変わりました。

20人以下が当選者の抽選クーポンなどの場合、利用数が画面上で正確に確認できませんでしたが、過去分も含めて振り返っての確認も館れ画面からできるようになりました。

・タイムライン
・応答メッセージ(あいさつメッセージも含む)
・リッチメニュー
・LINE Beacon
・クーポンシェア設定から発行したパラメータなしURL
・LINE公式アカウント一覧(LINEアプリ内の公開クーポン一覧サービス経由など※)
・ユーザー間のクーポン共有

※他にもクーポン表示先がある場合は対象となる可能性もあります。

 

但し、メッセージ配信やパラメーター付URLの経路では今まで通り20以下は詳細表示されませんのでご注意ください。

分析機能の詳細についてはこちら

分析|LINE for Business
分析。設定方法や機能の使い方を紹介します。